有職造花  雲上流  村岡松華堂


お知らせ

2019年9月4日

”今日の村岡先生” を更新しました。画像アリ

 

 

 

 

2019年6月15日、16日

京都の細見美術館3階「古香庵」で開催される「初夏のつぼつぼ展」に雲上流 村岡松華堂の定家の薬玉が展示されることになりました。

なかなかお目にかかれない薬玉です。

 

15日(土曜日)、16日(日曜日)の二日間ですが、入場無料ですので是非お越しくださいませ。

 

様々なジャンルの作家さんの「振り出し」も勢ぞろいして楽しい展覧会場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年4月23日

料理研究家の小宮理実さんが村岡先生を訪ねられた様子が掲載されている本が出版されました。

「福を呼ぶ 京都 食と暮らし暦」小宮理実さん著 青幻舎出版

小宮理実さんのお料理と小宮さんがお持ちの雲上流の節句飾りを組み合わせた写真も載っております。

 

 

2019年3月17日

京都岡崎の源鳳院に於いて開催された「第三回雛人形展」に雲上流の村岡登志一先生の

お父様が作られた草の四季の薬玉が展示されていました。

最終日の17日に会場にて知りましたので告知できませんでした。

 

今年もお雛様の展示会場で雲上流の造花をたくさん見かけました。

 

2018年11月4日 午前9時より

NHK 日曜美術館 ”至宝が語る天平の息吹 〜第70回 正倉院展〜” にて

村岡登志一さんのインタビューと先日の展覧会の様子が放映されます。

再放送は、11月11日 午後8時より

 

2018年10月20, 21日

京都国際交流会館にて「有職造花の秀逸“雲上流展”」を

開催し、2日間で800人以上の方々にお越しいただきました。

ありがとうございました。



有職造花 雲上流について

雲上流 村岡松華堂について

今日の村岡先生



このホームページについて

このホームページは有職造花 雲上流を愛してやまない節句コーディネーターの伊部寿夫さんから紹介された辻寿見(つじひさみ)が雲上流最後の継承者 村岡登志一さんの仕事場に通い8年目、その素晴らしい本物の技と精神をそばで拝見してきたことを皆さまにお伝えしたく立ち上げました。

 

 

このホームページに掲載されている全ての文と写真の無断転載は禁止です。